格安航空券を安く提供できる理由

水平線と海

格安航空券を安く提供できる理由

格安航空券と言えば、LCCをイメージする人も多いのではないでしょうか?
1万円未満で航空券が購入出来るなんてと驚いた経験がある人もいるかもしれませんが、なぜ格安航空券を提供できるのかというと、徹底的なコスト削減を行っているためです。
では具体的にどのような事が行われているのか、コスト削減の内容について紹介します。

安さの秘密は機体にある

飛行機のイラスト
LCCがコスト削減のために行っている事の1つに、機体に工夫があります。
まず機体はいろいろな種類の機体を使用せずに、1種類に統一しています。
1種類に統一する事で、パイロットや整備士の育成に時間がかかりません。
また整備を行う際の備品の在庫も1種類の機体分ですむため、合理的だと言えます。

もちろん機体のコストを抑えるために、古い機体を使用して安全性に問題があるなんて事はありません。
むしろ古い機体は性能が悪く非経済的なケースが多いので、コスト削減のためには経済的な最新の機体への買い替えは積極的に行っています。
そもそも日本にLCCが参入してから、まだ日が浅いため機体も新しく安全面では大手航空会社と比較しても遜色はないと言えます。

また機体では、座席数が多いのが特徴です。座席数を増やす事で、一度のフライトで利益率がアップするため、その分航空券の価格を安く提供する事が可能です。そして安さが魅力となり集客力があるため、空席を極力出さない仕組みになっています。
ただし座席数が多いため、座席の間隔は狭く、乗客が多いため荷物の重量にはシビアに制限があります。
そして荷物の重量が軽くなれば、その分燃料費のコスト削減にもつながります。

安さの秘密は機内にある

そして機体以外にもLCCの安さの秘密は機内にもあります。
座席モニターなどの機内設備を簡素化にする事で、初期費用やメンテナンス費用を大幅にコスト削減する事が出来ます。
また機内サービスを充実させれば、その分コストがかかり、そのコストは航空券の料金に反映されます。
つまり大手航空会社の無料サービスが凄いと言ったところで、そのサービスにかかるコストは航空券代に含まれているので結局のところ有料サービスな訳です。

だからこそLCCのように機内サービスを廃止する事で、コスト削減を行う事が出来るわけです。
またサービスを提供しようと思ったら、スタッフの手が必要となります。
つまり多くのスタッフを搭乗させておく必要があります。

ですが有料サービスにする事で、お金がかかるならサービスは必要ないと利用しない人が増え、サービスを提供する人手がかからないために、スタッフの人件費も削減する事が可能だと言えるでしょう。

Similar Posts: