普通運賃の安さが最強・LCCの格安航空券

水平線と海

普通運賃の安さが最強・LCCの格安航空券

航空券を安く購入したいと思ったら、各航空会社が様々な割引プランを用意しています。
また不定期ですがキャンペーンやタイムセールを上手に活用する事で、思いがけず格安航空券を購入出来るかもしれません。
ですが確実に安く購入する方法とは、普通運賃の料金設定自体が安いLCCの航空券を購入する事です。
では国内線で利用出来るLCCの特徴を紹介します。

国内で利用出来るLCCの特徴について

国内で最大手であり知名度が抜群のLCCは「ジェットスター」です。
価格が安いLCCの中でも料金比較をした場合に、最安値水準だと言えます。
もちろんLCCでも平日や旅行の閑散期になると、さらに料金が下がるため、非常にお得になります。

しかもLCCは時間通りに搭乗しないというイメージがあるかもしれません。
ですがジェットスターの場合は、時間厳守で、機内サービスに軽食もついています。

国内初のLCCとして注目を集めた「ピーチ」は関西国際空港を拠点としているので関西圏の航路に強いLCCです。
運賃は「ハッピーピーチ」と「ハッピーピーチプラス」の2種類が用意されています。
少しでも安い格安航空券をお求めの場合は、ハッピーピーチの方を選ぶといいでしょう。

ピーチのオフィシャルクレジットカードに登録すると、航空券の割引を行ってくれるので、さらにお得にピーチを利用する事が出来ます。

「バニラエア」は航空券の料金だけで比較すると、他のLCCよりも若干高い料金設定になっています。
しかし料金体制や予約サイトの手数料が安くなっています。
例えば他社では、1000円以上の手数料が発生するサービスでも、バニラエアの場合は300円の手数料ですみます。

さらにグループ旅行など、みんなで利用する場合には、バニラエアのみんなで割が適用されます。
4人以上で予約した場合は、航空券が10%割引されます。
また荷物が20kgまでなら預入無料となっていたり、座席指定のサービスも無料で受けられるなど無料サービスが多いのも特徴です。
なので上手に活用すれば、他社よりもトータルで旅行が楽しめる可能性があります。

初めてLCCを利用する人へ

注目を促す人差し指
LCCはそれぞれ独自のサービスも提供していますが、初めてLCCを利用するという場合、必ず事前に注意事項を確認するようにして下さい。
大手航空会社であれば、無料で提供してくれるサービスでも、有料のサービスとなっています。
そのため○○kg以内の手荷物なら無料という場合、少しでもオーバーすると料金が発生してしまいます。
知らずに利用して、サービスにお金を支払っていたら、せっかく航空券が安くても、トータルコストが高くなってしまいます。

またキャンセルが出来ない、払い戻しが出来ないなど、大手航空会社とはかなりルールが異なっているので、その辺もよく理解した上で利用するようにして下さい。

  ← 前の記事: