格安航空券を利用する前に、メリットだけでなくデメリットも把握しよう

水平線と海

-新着情報-

●2017/07/04
LCCの格安航空券のメリットとデメリットの情報を更新しました。
●2017/06/30
LCCの格安航空券の注意事項の情報を更新しました。
●2017/06/30
普通運賃の安さが最強・LCCの格安航空券の情報を更新しました。
●2017/06/30
LCCの中で最安値の航空券を購入する方法の情報を更新しました。
●2017/06/30
地域に特化したLCCの格安航空券を利用しようの情報を更新しました。

LCCの格安航空券のメリットとデメリット

LCCの格安航空券の安さは非常に魅力的です。ですが利用する前にメリットだけでなく、きちんとデメリットも把握した上で利用するようにして下さい。特に旅行慣れしていない人だとアフターフォローが充実している大手航空会社の方がトラブル時に安心というケースもあるためです。

LCCを利用するメリットについて


LCCを利用する最大のメリットは、最安値の格安航空券を購入出来るという点にあります。
例えば少しでも安く航空券を購入したいと航空券の比較サイトを利用した経験がある人は多いでしょう。
その際に行き先や日付など、条件を入力し検索をすると安い順に航空券がヒットします。
その上位を占めるのはほぼLCCの航空券だと言えるでしょう。
ピーチやエアドゥ lccが安い航空券としてヒットすることも珍しくありません。

普通運賃自体が大手航空会社の半額以下となっていますから、そこにさらにキャンペーンや割引が発生すると、大手航空会社が太刀打ち出来ない価格で航空券を販売する事が出来るのです。
もともと、LCCとは航空券を安く提供するために、徹底的にコスト削減を行い、安い航空券で利益が出る体制が出来上がっています。
そのため元々の土台が違うので、価格競争で負ける事はまずないと言えます。

また大手航空会社の場合は、往復ベースで割引されるケースが多いのです。
そのため、滞在最低日数などの縛りが生じて、旅行のスケジュールに制限が出てしまう事があります。
ですがLCCの場合は、片道ベースで、片道でも安く航空券を購入する事が可能です。
なので、長期間の旅行でも、逆に日帰りの旅行でも、使い勝手がよく、スケジュールに制限がかからないという点もメリットだと言えます。

LCCを利用するデメリットについて

LCCのデメリットは、サービスは全て有料になるという点です。
コスト削減のために、ほとんどのLCCでは無料サービスは廃止しています。
そのため機内で飲み物や食べ物が欲しい、毛布を借りたい、映画を見たいという場合全て有料のサービスとなります。また機内以外にも預け手荷物が有料だったり、手数料が割高な傾向があります。
もし機内でどうしても必要な物がある場合は自分で用意するか、LCCのサイトで事前にどれくらいの追加料金が必要かを確認しておきましょう。

ただ有料サービスは使用しなくても、それほど不便さは感じないでしょう。
むしろLCCのデメリットは、急な予定変更時に融通が効かないという点にあります。
例えば航空券を予約すると、キャンセルや変更が不可、払い戻しなしのため急な予定変更の際に対応が出来なくなってしまいます。

また遅延やフライトキャンセルが多く、欠航時に保証が一切ありません。
天候不良の欠航に限らず、自社都合の欠航であっても、全て自分でトラブルは回避しないといけません。

そしてLCCは使用空港がメジャーな空港ではなく、ローカルな空港を使用しています。
そのため空港から市内までの距離が離れていて、ホテルや観光名所に移動するのに時間がかかってしまいます。特に深夜便などを利用して、そこからタクシーで市内のホテルまで深夜料金で行く事になると、せっかく航空券が安くてもタクシー代が高く、トータルでは損をする可能性があります。
なので、航空券の安さだめに目を向けずに、旅費全体にコストや時間も考慮して選ぶ必要があると言えます。